個人年金

ヘッダー

公的な年金だけでは不安

年配

ニュースでも度々話題となる年金ですが、不安を抱えている方が多いようです。

 

特に公的年金に対して不安を抱えている方が多く、公的年金の給付額の現象で将来生活できなくなると思っている方が多いのです。 実際のところ、公的年金はどうなのでしょうか? 一部に破綻するのではないかという声もあり、果たして日本はこれからも年金制度を維持していくことは可能なのでしょうか。

 

専門家の意見などをまとめますと、公的年金が破綻する可能性は少ないようです。 政府としても突然年金制度をやめるわけにはいきませんので、年金制度の維持に努めようとします。

 

さらに、年金積立金があるため、そう簡単に破綻する性格のものではないようです。 日本政府が崩壊し、無政府状態にでもならない限り、公的年金制度は破綻することはありません。 しかしながら、年金額が減少したり、貰える年齢が引き上げられることは十分考えられます。キャッシングでお金借りる即日する人が増えてくるんでしょうね。

 

というか、すでにそれらは実行に移されようとしています。 年金額も少しずつ減少しており、また貰える年齢も徐々に引き上げられてくるでしょう。 公的年金は国民年金と厚生年金の二種類に分けられますが、どちらにも加入していないと老後の生活を支えていくのは難しくなってくるでしょう。

 

国民年金には20歳以上の方は全員加入していると思われますが、国民年金だけですと支給されるのは5〜6万円程度です。 国民年金だけですと生活を支えていくのは難しいといえるでしょう。老後の年金について、今一度見直すべきかもしれません。

もし、今複数の金融会社から借金をしているという方はこの機会に見直してみてはいかがでしょうか?
複数のカードローンで借金に苦しんでいるようなら「おまとめローン」をオススメします。このページがとても分かりやすくまとまっていたので、ぜひ参照してください。→https://omatomeloan-pro.jp/

↑ PAGE TOP