変額型のメリット・デメリット

ヘッダー

変額型のメリット・デメリットについて

変額型の個人年金保険とは、投資信託のような個人年金保険です。 保険金を運用して、投資しその結果次第で受け取れる保険料が変わってくるという制度です。 こちらでは変額型個人年金保険のメリットとデメリットをご紹介します。

◯変額型のメリット

女性

・上手に運用できれば受け取れる保険料があがる 投資信託のシステムと似ていますので、上手に運営できればもらえる保険料も増えることになります。 老後の生活により安定感を持たせることができますので、しっかりとした運営を目指しましょう。

 

・インフレに強い インフレになり、貨幣価値が下がると、老後の預金をしている人が困ります。 その点変額型個人保険でしたら投資信託の形で保険料を運営していますので、景気が良くなればそれだけ価値も上がっていきます。 このように、インフレに強いという点もメリットの一つです。

 

◯変額型のデメリット

・元本が保証されていない 投資信託と同じく、運用に失敗しますと元本割れのリスクが伴います。 慎重に運営し、保険料の元本割れを防がないと逆に損してしまう可能性もありますので、気を付けましょう。 最近では年金原資が保証されるタイプの変額型個人年金保険もありますが、保証料が割高となっています。

 

・解約時のペナルティ 途中で解約すると、経過年数次第でペナルティが課せられます。 そのため、安易な気持ちでは始めない方がオススメです。 いずれにしても投機的な感じで始めることはオススメしません。 きちんと慎重に保険料を運用していくことができる方にオススメなのが変額型です。

↑ PAGE TOP