個人年金保険とは

ヘッダー

個人年金保険について

ok

公的年金は破綻しないものの、年金額の現象といった事態が考えられます。 そのため、公的年金だけだと不安だという方が多くいらっしゃるかと思います。 そんな方は公的年金に加えて、民間の積み立て年金保険である、個人年金保険に加入しておきましょう。

 

個人年金保険にも加入しておけば、公的年金と共に積み立てておいた分のお金が支給されますので、生活も安泰といえます。 個人年金は元本保証ですので、払った分のお金はきちんと戻ってくるので安心です。 個人年金には3種類のタイプがあります。

・終身年金

利用者本人が死亡するまで支給され続けるタイプです。 長生きすれば、大変お得なプランといえますが、早めに亡くなってしまうと払戻し額が減ってしまうというタイプです。

 

・確定年金

5年・10年・15年と期間を定めて、その間支払いを受けるというタイプです。 本人が死亡しても、期間内の支払いは遺族に受け継がれますので元本割れのリスクがありません。

 

・有期年金

確定年金のように、定められた期間内の支払いを受けるというタイプですが、こちらは本人が亡くなるとその時点で支払いがストップとなり、遺族に受け継がれません。 その分、確定年金よりかは保険料が少なめとなっています。 我々が将来どれくらい長生きできるかはわかりません。

 

しかし、高齢化が進む現代では、こうした個人年金保険は自分たちの将来を保全してくれる保険です。 公的年金の支払いと併せて、個人年金保険についても考えていくことをお勧めします。

↑ PAGE TOP