保険料控除

ヘッダー

保険料控除とは?

個人年金に加入していると、住民税や所得税が控除されることがあります。 住民税や所得税は、その人の所得によって増減します。 その人の所得が多ければ多いほど住民税と所得税は増額していくので、周囲の人より高い金額を払うことになりかねません。

 

もちろん、一人一人の平等性を考えればそれも仕方のないことなのですが、出来れば払いたくないというのが本音でしょう。 個人年金保険に加入していると、その額がその人の所得額から控除されるのです。 その人の課税対象となる所得の額が低くなれば、住民税と所得税が低くなります。

 

このように、個人年金保険は節税対策にも利用できるのです。 保険料控除ができるのは個人年金保険だけではなく、他の保険とも組み合わせることが可能です。 保険料控除には以下の三種類があります。

 

・個人年金保険料控除 先ほども述べたように、個人年金保険料の金額が控除されます。

・介護医療保険控除 介護保険、がん保険、医療保険などの保険料が控除されます。

・生命保険控除 死亡保険などの保険料が控除されます。 個人年金保険だけではなく、介護保険や死亡保険、がん保険など様々な保険料が保険料控除の対象となっています。

 

それぞれ最大4万円までの金額が控除されるようになりますので、三種類の保険全てに加入していれば最大12万円の控除が受けられます。 このように、保険に入ることで節税対策にもつながってきますので、個人年金保険に加入していると何かとお得なのです。

↑ PAGE TOP