年金 受取り 種類

ヘッダー

年金の受取り期間による種類について

個人年金保険は受け取り期間による種類に分けることが可能です。

・確定年金

案内女性

本人が死亡しているか否かに関わらず、一定期間(5年・10年・15年)の間保険料が受け取れるという種類の年金です。 保険料受給者が生存している間は、一定期間の間その受給者に保険料が支払われます。 保険料受給者が死亡した場合でも、定められた期間内の保険料は遺族に渡されます。 このように、元本割れのリスクがないのが確定年金の特徴です。

 

・夫婦年金

夫婦どちらか一方が亡くなっても、どちらか一方が生存している限り受給される保険料です。 期間は定められておらず、どちらか一方が死亡するまで支払われることになります。

 

・保障期間付有期年金

一定期間の保証期間の間は生死に関わらず年金が受け取れる年金タイプです。 保証期間後は受給者が死亡するまで年金を受け取ることができます。 保証期間中に受給者が死亡してしまった場合は、その期間受け取れる年金が遺族の元に渡るという年金タイプです。 そのため、受給者が早めに亡くなってしまってもある程度の金額が戻って来る年金保険タイプです。

 

・保障期間付有期年金 一定期間の保証期間の間は生死に関わらず年金が受給されます。 この保証期間の間に受給者が死亡した場合は、遺族に残りの期間内に相当するお金が年金として支給されます。 受給者が死亡せずに保証期間が過ぎた後は、保険会社との契約期間まで保険料が受給されるというシステムになっています。 以上のようなタイプがありますので、ご自身にあった年金タイプをお選びください。

↑ PAGE TOP